株式会社マックスネット



  Overview
Extensions
  Release notes
  HardwareSupport
  HighlightedFeatures
  CustomerSpotlight
  Documents


Open Inventor

Developed by Visual Sciences GroupVSG

OpenInventor:OIVは、実践的アプリケーション開発に向けた標準最新の3Dグラフィック・スイートです。

OIV

OIV

OIV

  • 迅速なアプリケーション開発(C++、VS2005、VS2008、Java、CUDA組み込み)を可能にする高性能コンポーネント
  • 柔軟なクロス・プラットフォーム(Windows、Linux、...) 対応
  • 複数対象の3・4次元表示を、分散処理でもわかりやすく構築できるシーングラフ方式の採用
  • オブジェクト指向のライブラリによる統一的な拡張機能と容量(200GB〜)の拡張
  • 常に最新の分散・遠隔レンダリング機能(CPU、GPUを含めた開発Framework)

OpenInventor (OIV: オープンインベンター)は、C++ 、.net/VS、Java の開発者のためのオブジェクト指向なクロス・プラットフォーム対応の業界標準の3Dグラフィックス API:1300種 です。Open Inventor は、最新のハード(GPU等)を最小のプログラム変更でご利用いただき、高機能化に早く適合します。OpenInventorは、OpenGL、ShaderのGPU/Boardを前提にデザインされ最適化されれたオブジェクト指向のライブラリで提供します。OpenGL のパワーと機能を、オブジェクト指向レベルで提供します。頂点や形状を規定するのに、間違えやすい下位レベル命令を書く代わりに、シーングラフによりオブジェクトを記述し、提供される衝突見地、LODやManipulator等の利用で非常にハイレベルなプログラミングができます。最適化された描画は、ディスプレイ・リスト、テクスチャー・オブジェクト、そして頂点列といった OpenGL の機能を自動的に利用します。ローレベルAPIと比較し10倍以上の開発効率を発揮しエラーの少ない製品を短期に完成します。


基本機能(OpenInventor)と拡張機能(Extensions)の構成

  • OpenInventor: 基本3DグラフィックスAPI(SceneGraph、HiLevelLabrary、...)
  • MeshViz(XLM): Mesh上のデータ表示(断面、ベクトル、...)
  • VolumeViz: VolumeRendering(IsoSurface、Shaded、...)
  • DirectViz: Raytracing(shaders、GPU、...)
  • ScaleViz: 分散Rendering(3種、高速、...)
  • ReservoirViz: LDM+4Dデータ管理・表示(Oil/Gas用)
  • HardCopy: 印刷出力(3D-PDF、PostScript、HPGL、...)
  • DataConverter: CADデータ読込(Catia、IGES、...)

OIV

↑ページトップに戻る


OpenInventerの基本機能の特徴

OIV

高機能APIと高性能レンダリング(CPU/GPUの統合化)

1. RenderingとComputingのAPIでは、分散環境(ScaleViz:追加Extension)も含めて、CPU、GPU(CUDA)とOpenGLの統一的な開発環境を提供します。

OIV
CrackFree-NURBS

2. CrackFreeのTessellationでTrmedSurfaceを含む高次のNURBSがあり正確にCADデータの表現をします。

OIV
LargeModelView(LOD)

3. 隠面や遠方面の高速検出(Octree、Culling、Oclusion)による3D表示(Level Of Detail: LOD)の高速化で 多数のポリゴンを表示します。Large Model Visualization:LMVは、自動生成の LODで間引きジオメトリを創出し効果的に高速に描画をします。

OIV
CollisionDetection

4. CollisionDetectionは高速で対象物、カメラでの複雑な衝突も検出し、接触判定、WalkThroughに利用されます。

OIV
Shader

5. Shaderingは、80種(OpenGL,GLSL,NVidia_Cg,ARB_Language)のAPIがあり、GPGPUのGeometryShaderも使い、霧、ガラス、布等の表現をします。

OIV
BumpMapping

6. TextureMappingは、BumpやIlluminatedAlpha付きの3D-Mappingができます。

OIV
VR

7. VRに不可欠な14種のステレオ表現ができます。

OIV
HardCopy

8. VRML2.0とX3DのISO標準をサポートし、HTML Image MapsでWeb上の3Dシーンと3D-PDF(HardCopy:追加Extension)が作れます。

OIV
IvTune

OIV
TerrainViewer

OIV
Boolean

3Dレンダリング デバッガー

"IvTune"はシーングラフやエンジン等の効果的なデバッグツールで判りやすいTree表示と属性編集機能で短時間でテストができます。







Terrain-data処理機能があり、読込、XML出力やその自動スケーリング表示も可能です。









BooleanOperation表示がステンシルバファーの利用で使用できます。



 

OIV
MultiPipe(ClusterPC)/MultiScreen-OneMaster

OIV
DistributedRendering/OneDisplay

OIV
Remote by OffScreen-Rendering

OIV
Remote by Distributed-GPU (New)


マルチスレッディング(Multithreading)

レンダリングのマルチスレッド化で、マルチ・プロセッサ、マルチコア・シングル・プロセッサでの性能を向上させます。   Extension機能ではマルチ・グラフィックス・パイプの使用や、分散レンダリングを可能にします。   つまり、マルチスレッドは同時に同じシーングラフをトラバースすることがで、シーングラフの修正やトラバースが、   異なるスレッド上で安全に同期をとって発生させることができます。プログラム変更は不要でConfigration生成とSceneGraph改訂で、   VR、大容量データのマルチスクリーン表示やサーバ・レンダリングのシステム構築に使用することができます。

OIV


OpenInventor for Microsoft Windows

Visual Studio 開発環境に合わせ、MFC 拡張 DLL、およびスケルトン3Dグラフィック・アプリケーションを生成するAppWizard があります。MFC 統合は、印刷および印刷プレビュー、単一/複合ドキュメントアーキテクチャー、および OLE サーバーのサポートができOpenInventorより、ウィンドウズアプリケーションおよび ActiveX コントロール双方への3Dグラフィックスの追加が可能です。


OpenInventor for Java

Javaプログラミング言語仕立のパッケージです。OpenInventorを利用して、完全な3Dアプリケーションやアプレットが作れます。

 


↑ページトップに戻る


OpenInventerは、多くの分野でご利用いただいております。

OIV

OIV
仮想実験開発(VR系)

OIV
汎用CAEのPrePost3Dviewer
CAD・CAM生産連携viewer

OIV
石油 & 天然ガス/地質構造の大規模データ表示・解析

OIV
精密計測付属 3D viewer
製造機器付属 3D viewer

OIV

OIV
工業用シミュレーション

OIV

OIV
大容量3次元画像処理

OIV

OIV
汎用高機能Viewer

OIV

OIV
多次元統合ビジネスグラフィックス

OIV
河川の流路シミュレーション

OIV
台風のシミュレーション

OIV

 

↑ページトップに戻る

   

 

Copyright c2008 Maxnet Co., Ltd. All rights reserved.